あこがれの声優になるため声優オーディションを受けよう

日本はアニメ文化であり、世界でも脚光を浴びるなど、活躍の舞台は世界に広がっています。このため、今まで以上に声優を目指す人は増えており、声優オーディションを受ける人が多くなっています。オーディションにも種類があり、声優になるための専門学校に入るオーディションもあれば、特定の役に対するオーディションもあります。声優になるためであれば、声質や声量などが見られ、技量の部分はあまり見られません。しかし、特定の役となると、その役のイメージがあるため、イメージに合わせた声というものを演じなければなりません。段階を経て声優になることが第一であり、そのためにもオーディションは死にもの狂いで臨むこと、そして、常に学びの場であることを念頭に置くことが大切です。

大小様々なオーディションが存在する

声優オーディションといっても、大作映画のオーディションもあれば、事務所に所属する声優のオーディション、そして、地方ラジオ局、インターネット媒体、はたまた同人誌関係のオーディションなども日夜行われており、大小様々なオーディションが存在しています。そのどれも声優の仕事ということに変わりありませんが、性質が若干異なります。大作映画、有名アニメの声優となればそれ自体がステータスとなり、その後のオーディションでも有利に働き、事務所も見つけやすくなります。とにかく声優としての仕事の実績を積みたい場合には地方局などのラジオドラマの声優というのも手ですが、限りなく安いギャラ、場合によっては交通費のみという仕事も存在します。何を目的にオーディションを受けるのかが問われています。

声優になるには下積みが必要

俳優などが声優に挑戦するアニメが増えており、下積みなしですぐに声優になれるのではと思っている人もいます。しかし、声優の仕事もまた役者の仕事でありますので、下積みは必要だといえます。事務所に所属してもすぐに仕事がもらえるわけではなく、オーディションを受け、レッスンを重ねる日々が続きます。このため、お金になる仕事として同人誌の声優を務める人も中にはいます。声優オーディションを受けて声優になったという人は多くいますが、声優になってからもまた大変であり、合格することを目標にするとその後が続きません。そうしたことから、どんな声優になりたいのか、誰を目標にしているのかをオーディションを受ける前に決めておき、それに向けて努力すること、そして、オーディションを受けていく過程でうまい人のやり方を参考にしていくことが大切です。