声優オーディションのための準備と心構え

今や日本のメディアに声優という職業はなくてはならない存在です。アニメ、CM、洋画の吹き替えからゲーム、音楽業界に至るまで声優という職業は世間に認知されてきており、その影響で将来プロの声優として仕事をしていきたいと考える人の数も、一昔前に比べると大きく増えてきている現状です。それにともなって声優オーディションも都心を中心として数多く開かれており声優業界への入り口は格段と広くなってきています。しかし、いくら声優に憧れを抱いて志を高く持っていたとしても声優という職業はある種「特別」な職業であることから努力と現実が釣り合わないといったことはよくあります。ここでは、声優オーディションのための準備と心構えについて知っておかなければならないことを紹介します。

プロとアマの違いをきちんと理解できているか?

声優という職業に憧れている、自分の声が特徴的だから声優に向いているのではないかといったように、なかにはそのような考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、声優業界はそんなに甘いところではありません。冒頭でも述べましたが、声優という職業は「特殊」です。始めにはっきり言っておきますが「声が声優に向いていてその練習をしている」ということは当たり前のことなのです。そこが当たり前のスタートラインであり、プラスの用途としてどんな努力を積み重ねてきたのかが声優オーディションでは問われます。例えばプロのミュージシャンは演奏が上手いのは当たり前ですし、プロのアナウンサーは滑舌がよく標準語を話せるのは当たり前です。それはプロを目指すならば当然の責務であって決して特別なことではないのです。

具体的にプロとしての心構えとはなにか?

プロであるならば、最低限に今の業界の事情について詳しく知っておく必要があります。具体的な例をあげれば、現在の声優業界ではどんな声質の声優が高い人気があるのか、自分の声はその中でどのジャンルの声に入るだろうとか。これからどんな声優が必要とされて自分はどのように目標を設定していけばそこに近づくことができるか等、あげれば幾つも例は出てきますが、要は「自分の得意とする武器を最大限に生かす為には」を理解して売り込まなければ勝ち残ることはできないのです。この自分の武器を生かすことを立ち位置をきちんと理解して必要とされる存在になるということがプロであり、アマとの大きく違うところでもあります。声優のオーディションを受けたいと考えるならば、まずは業界の知識や需要を勉強することが大事なのです。