声優オーディションを受ける際の注意点

声優オーディションを勝ち抜くには、人とは違ったことをすることと、基本に忠実にすることの二つが求められることになります。このどちらかだけというものではないということに注意をする必要があります。とかく目立つ声優の先輩には、自己アピールによって声優オーディションを勝ち抜いていることを誇張する人もいますが、声優のオーディションというのは、最近よくあるその他のオーディションとは全く違ったものだということを理解する必要があります。ガヤといわれるような賑やかしの要因でない、しっかりとしたキャラがあるものには、作者のイメージというものがありますから、そのイメージに適したものであるということが大前提となるということです。ですから、原作などを理解して自分に求められるものを理解することも忘れてはいけません。

原作をしっかりと理解して自分の役どころをイメージする

声優オーディションでは、原作のあるものと考えていいでしょう。ですから、この原作に声優を求めているというのが他のオーディションとは違うところです。つまり、作者のイメージというものがあり、その範囲を超えたものはなかなか受け入れられないということです。単に声がいいということだけではないということがオーディションの選考基準としてあるということを理解する必要があります。元気なだけということでもいけません。作品によって求められるものが違うということを理解することです。作品が理解できるようになると自分に求められるものがどういうものなのかがイメージできるようになります。それを声優という声で表現できるようになれば、オーディションを勝ち抜く可能性も高くなるというわけです。

自分の声の使い方をアピールするのも効果的

原作を理解した上で、自分の声の特徴を理解して、こうした表現はどうでしょうという形で、新しい声の使い方を表現するというのも効果的です。これは、審査員に作品のイメージを植え付けることができるからです。声優の審査はどれだけ作品に使えるのかということで決まります。この声はこのシーンで使えるというようにイメージできる人が選ばれるのです。ですから、審査員に自分の声が使われるシーンというものをイメージさせることが出来れば合格に近づくことになります。声優のオーディションの審査というのは審査員に作品で使える声だということをイメージしてもらうための場なのですから、そのイメージが出来やすい環境というものを作り出すということも大切です。言われた言葉を言われたように発生するだけではなく、こうした付加的なアピールもありです。